・自転車はどこで買っても同じ?

 

結論から申しますと、違います。

 

カタログ上のスペックだけで見ると同じなのですが・・・

 

なぜ「違う」のかと言いますと、組立・調整を自転車店で行うからです。

 

基本的に自転車は未完成の状態で自転車店に納品されます。

 

よく店頭に大きな段ボール箱が置いてあるのを見かけるかと思いますが、

 

あの中に未完成の自転車が入っているのです。

 

その組立て方、どこまでキチッと整備・調整するかで性能が変わってくるのです。

 

また最近は、「ほぼ完成された状態」で納品される自転車もあります。

 

しかしこれこそ大量生産で組立てられた自転車、とてもそのままでは納品できるよ

 

うな仕上がりではありません。

 

当店ではちゃんと全体をチェックし、調整し直して皆様にお渡しいたします。

・自転車の値段

 

同じような自転車なのに、なんで値段が違うの?

 

お店によってなんで値段が違うの?

 

自転車の値段は、ちゃんとしたメーカーの物であればそれなりの理由があります。

 

それは使用する材料や装備に違いがあるのです。

 

フレームの素材には、鉄やアルミ、スポーツ車ではチタンやカーボンファイバーな

 

どが使用されます。

 

各々素材に特徴があるので「どれがいい」とは一概には言えませんが、その特性を

 

生かした素材が使用され、それによって値段差が生じます。

 

部品の素材についても同じです。

 

同じ「銀色の部品」でも鉄とアルミとステンレスでは値段と性能が違います。

 

鉄に比べてアルミは軽くできますし、ステンレスなら丈夫でサビにも強いです。

 

安く仕上げるなら鉄をふんだんに使うことになりますが、それではあっという間に

 

サビだらけ・・・となりうるのです。

 

それが気になるのであれば、値段は高くてもアルミやステンレスを多用した自転車

 

を選びましょう。

 

また装備による差もかなりあります。

 

一般車で同じ車種でも、変速ギアの有る無し、普通のライトかオートライトかの違

 

いで数千円の差があります。

 

同じ名称の自転車が、ギア無し普通のライトの自転車と、ギア付オートライトの自

 

転車では、7千円位から中には1万円以上の差が生じるモデルもあります。

 

値段に捉われず、必要な装備をよく考えて自転車を選びましょう。

 

あとからギアを付ける、ライトシステムを替えるという事になりますと、1万円以

 

上の金額がかかる場合があります。

 

スポーツ車の装備の差は、何十万円にもなることもあります。

 

どの位の予算で考えているのか、どのような使い方を想定しているのか、ノウハウ

 

のある専門店で相談しましょう。

 

 

 

「お店による差」というのは、「自転車はどこで買っても同じ?」の項とも関係が

 

ありますので、そちらもご覧ください。

 

とにかく自転車を乗れる状態に仕上げるのは、各お店の仕事となります。

 

未完成の自転車をただ形にするだけであればそんなに時間は掛からないのですが、

 

それでは命を預ける乗り物、良いはずはありません。

 

安全に乗りやすく仕上げるのが我々の仕事です。

 

ちゃんと知識と技術を持った専門家が手間をかけた自転車には、

 

それなりの時間=コストがかかっています。

 

高い安いに捉われず、自転車選びは信頼のできるお店で!

お知らせ

6月7日(木)

都合によりお休みさせていただきます。

ピスト用ブレーキ取り付け台座を製作する「八零壱製作所」の取り扱いを始めました

http://m801.ocnk.net/

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30